2012年10月16日

身内を褒めるアメリカ人と謙遜する日本人

昨日の夜はたまたま目が夜中に覚めたので思い切ってEPでレッスンを受けました。

Aprille先生のレッスンに空きがあったので初受講しました。


News English Lessonsの中からマクドナルドのベジタリアンレストランがインドにできたという話を選びました。

予習などする時間もなかったので、馴染みやすい内容ということでマクドナルドを選んでみました。


内容はマクドナルドはインドにベジタリアンレストランを作ったけど、結局は世界中で牛肉や豚肉を使ってハンバーガーを提供しているということからヒンズー教などはマクドナルドを受け入れることは出来ないといったような内容でした。


いつも行くグローサリーストアでもインド人のキャッシャーの方がいるのですが、お肉は絶対に素手では触らなかったりする人がいたりして、熱心な信者の方はやはり徹底的に肉を排除しているなと感じます。


ちなみに先生のレッスンですが、良いと思いました。

きちんとこちらにしゃべらせるように話をもっていき、間違っているところはちゃんとタイプしてくれます。


ライティングの練習もしたいと言うと、この文章の内容を簡潔にまとめて、そしてチャットボックスに書くように言われました。


そして、きちんと他の表現を教えてくれたりしました。


誠実でなんとも真面目な良い先生でした。




ところで話は変わりますが、アメリカ人は身内のことをすご〜く褒めるなと良く思います。


日本人なら自分の子供のことなどは謙遜して言ったりしますが、たいてい私のほうから一緒に連れているお孫さんのことを褒めたりすると

そうなのよ〜。うちの孫はBeautifulでSmartでねえ・・・

なんて返事が返ってきます。

聞いた話では、謙遜して自分の身内を悪く言っている日本人は奇妙にうつるとか・・・


でも私は息子のことを他人に

Beautifulでね〜

なんて言えません。


いつもThank youとか、活発でね・・・とか言って返事をしてます。


たまに、
『うちの息子はSillyなのよ』
なんて言っている人もいましたが、このあたりの感覚の違いは本当に馴染めないところだなといつも思います・・・。


posted by みかん at 22:50| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッスンを受ける暇が〜

このところ、本当にレッスンを受ける暇がなくなってしまってます。

夜、息子が寝てからレッスンを受けようかと思っていても、自分も眠くてレッスンどころではなくなってしまたり、体調もイマイチで言い訳ばかりになってしまいますが、本当にタイミングが合いません。




その代わり、外で英語をしゃべらないと生活できない状況になっていて、今日も朝から息子を連れてディケア訪問や問い合わせなど必死でこなしていました。


今週は火曜日は自分の通院、水曜日はインフルエンザの注射、金曜日は息子の小児科での検診と盛りだくさんの予定です。


EPのポイントがかなり余ってしまい、さらに期限が迫っています。

あ〜焦る・・・あせあせ(飛び散る汗)




posted by みかん at 01:14| シカゴ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | EP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。