2012年10月27日

Hijabの女医さん

今日はまたサバイバル英語の一日でした。

朝はウルトラサウンド(超音波検査)で2時間ほどベッドに寝たきりで、午後は息子のディケア探しでまたパンフレットをもらいに行ったりしていました。

このウルトラサウンドですが、双子ということで時間もけっこうかかってしまいます。

今日は寝そうでした・・・眠い(睡眠)


検査を担当してくれるテクニシャンの方は前回と一緒の方だったのですが(アメリカでは分業になっていて主治医が検査をしません)けっこうはっきりと言う方で私がなにかおかしなことを言うと
通訳呼ぼうか?
と真面目な顔をして言ってきます。

ウルトラサウンドの時間は長いですが、じっくりと赤ん坊たちを診てもらえるので安心だし、ちゃんと説明してくれるので英語もけっこう覚えられて私としては一石二鳥という感じです。


この長い検査を終えて帰ろうとしたときに、ここに常駐している先生がいるらしく、もう一度だけ確認をしたいことがあるということで部屋に入ってきました。

別室でモニターかなにかで検査の様子をみてるみたいです(今日まで知らなかったのですが・・・)


別にアメリカのことだから驚くこともないんだろうけど、先生がイスラム教徒の女性の被るHijabを被っていたので何者が入ってきたのかと最初はびっくりしてしまいました・・・
image.jpg

写真はイメージですが、実際の女医さんは本当に美しい方で、肌も透き通っていてなんだかみとれてしまいました・・・


そういえば、先日は買い物をしていると隣にスペルは忘れてしまいましたが、ブルカという被り物をした女性がいて、本当にびっくりしてしまいました。

なにしろ、黒装束に目だけ出しているだけだったので・・・
image2.jpg


そういえば、以前にダンナがイスラム圏に出張に行った時にアメリカから同じ飛行機に乗っていた女性が、入国の時に別室に連れて行かれて、部屋から出てきた時にはHijabを巻かれていたという話を聞いたことがありました。

海外旅行をする時はその国のことをしっかり調べて行かないといけないなと思ったのでした・・・。

posted by みかん at 10:57| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。