2012年11月12日

実践的な英会話

ブログ仲間のTomoさんがついに
オンライン英会話 選び方 使い方
というHPを作成されました。

Tomoさんは実際にたくさんのオンライン英会話を利用されているので内容は濃く、ためになるHPだと思うので皆様もぜひ参考にされてはいかがでしょうか?

このHPの冒頭にも書かれていたのですが、TOEIC760点だったTomoさんが実際に留学されてなんとかなるだろうと思っていた英語がなんともならなかったという話・・・

私もそうでした。

私はかなりの低レベルの英語でしたが、文法だけは勉強していたのでなんとかなるかなと思っていたのですがまったく歯がたたず・・・

たとえばマクドナルドなどで

Here? To go?

とか

お店のキャッシャーの人に

plastic bag?

なんて言われても、なんのことなのか理解できない状況でした。



英語が理解できず悲しい思いを何度も経験しました(今でもしょっちゅうです・・・)


そしてTomoさんがおっしゃる通り、実践的な英会話が習いたいと思っていたところオンライン英会話と出会うことになりました。


オンライン英会話をはじめてからも超初心者の私は最初はまったく先生の言っていることがわかりませんでした。

しかし、1ヶ月、2ヶ月と続けていくうちに少しずつですが先生とのコミュニケーションを取れるようになっていきました。


今ではアメリカで一人で病院に行ったり、カスタマーサービスに電話をして英語で交渉したりなど出来るようになりましたが、それでも充分に言いたいことが言えるわけではなく、さらに勉強が必要だと感じています。


参考書などを使っての勉強ももちろん大切です。


でも、実際に英語を流暢にしゃべりたい、思ったことを英語で表現できるようになりたいと思うなら、やはり実際に英語をしゃべる相手をみつけてしゃべるということはとても大切なことだと思います。


失敗は多いですが、私も外で英語を実際に使うようになってからのほうがよく英語が身についていると感じます。


それと、つたない英語でも通じたりするととても楽しいと感じるのです。




今日も息子のインフルエンザの予防接種(2回目)の予約や、金曜日に病院から電話がかかってきていて折り返し電話をしないといけないなど、英語を使わないといけない状況がいくつかあるのですが、失敗を恐れずに頑張ってみたいと思います・・・


ちなみに、先週からディケアに行き始めた息子ですが、いきなり英語をいくつか覚えてきていて驚きました。

Push

とか言って指で押すしぐさをしたりします。

子供は本当に吸収が早いです。


2年後ぐらいは英語では息子に負けてしまっているでしょうね・・・
posted by みかん at 19:01| シカゴ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | オンライン英会話の受け方のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。