2012年11月14日

気がつくとThanksgiving

今日はなんとなく調子が悪い中、息子をディケアに送っていき、そこで先生にいろいろ引継ぎをしたのですが英語が出てこなくて、なんだかがっくりときてしまいました。

英語力はなかなか向上しないけど、落ちるのはとっても早いなと思いました。

やはり毎日少しでもレッスンを受けることは大切なことだなと思います。


ちなみに息子は今日は自分から先生に抱きついていきました〜(あれほど心配したにもかかわらず・・・)

ディケアが大好きな様子で、家ではあんまりご飯も食べないのにディケアではたくさん食べるし、さらに他の子と一緒になって遊んでいるようでいろいろディケアに関しては悩みましたが結果的には通わせることにして良かったと思っています。


ところで気がつくと来週はThanksgiving(感謝祭)です。

毎年、Turkeyの丸焼きを作ったり郷に入れば・・・ということで伝統的なThanksgiving料理を作ることにしています。


渡米して初のThanksgivingの時に旦那にTurkeyの丸焼きを焼こうかと提案したところ『グロテスクで気持ち悪い』という理由で断られてしまったのですが、無視して焼いたところ気に入ったらしく、それ以来,Turkeyを焼くのは旦那の仕事になっています(けっこうご主人が焼いている家も多いようですね)。

イメージですが、こんな感じの食卓になります。
thanksgiving.jpg

ちなみに、Turkeyの中に入れるスタッフィングですが、ガーリックライスも美味しいと思いますが、最近ではレモンを入れています。

とてもジューシーになりパサパサ感がないです。


このThanksgivingですが1620年にイギリスの宣教師たちがアメリカに布教活動に来たのが始まりです。
この年は病気が流行り、たくさんの宣教師たちが亡くなりました。また食べるものもなく困っていたところインディアンたちが作物の作り方を教えたりなどして、この宣教師たちを助けます。

そして、その後、元気になった宣教師たちがインディアンたちを招いて食事を振舞ったりなどして感謝の気持ちを表したというのが始まりだそうです。

と言ってもこちらは子供用のお話で実際にはいろいろないざこざがあって多くの死者が出たりしたようですね。

ちなみに概要はこちらです(英語版)
http://www.historylearningsite.co.uk/The-Pilgrim-Fathers.htm


というわけで、今日は今から農場にfresh turkeyでも注文しようかなと思っています。

なんだか忙しくなってきました〜るんるん


posted by みかん at 01:00| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。