2012年12月01日

ネイティブの先生

最近、ネイティブが売りのオンラインスクールが増えているように思います。

でも私個人の考えではネイティブだから良い先生ではない場合もあるように思います。


たしかに、ネイティブ独特のしゃべり方や表現方法はあると思いますが、以前レッスンを受けたネイティブの先生は
ただのネイティブの兄ちゃん
でした・・・


私の知り合いのネイティブのおばちゃんも、『文法を勉強したら?』とこっちから言いたくなるような人がいます。

しゃべり言葉は簡単な単語しか使わないし話の流れから理解できるのですが、メールやチャットで文章を送ってくると
『あれっ?』
と思うようなことも多々あります。


でもなぜか現地の教育委員会に勤めているんですよね・・・(留学生のお世話だけですが、留学生の両親にメールを送ったりしないといけないこともあるようです)

ちなみに、この人の文法などは友人たちはまったく気にしていません(気にしすぎるのは日本人だけかもしれませんが)。
FBなどを見ていても、メチャメチャだなとは思いますが、意味はちゃんと通じるので不思議です。





私の知り合いのネイティブが以前
フィリピン英語はわかりにくいことがある
と言っていましたが、その後で
日本人の英語はさっぱり理解できないことがある
と言っていました。


私としてはフィリピン人の先生たちは幼稚園の時から英語を勉強しているし、英語が第二外国語と言っても学校でしっかりと文法などを学んでいたり、第二外国語ということもあってか本当に教える姿勢が謙虚なので基本的なことはフィリピン人の先生から学びたいと思っています。

ただ、フィリピン英語はわかるのに、ネイティブの英語はさっぱりわからないといった時期もありました。

それは現地のテレビを観たり、ネイティブと話をしたりする中で解消されてきたように思います。




でも、そこで思ったのが

正しい英語っていったいなに?

ということ・・・

いろいろ考えてみた結果、文法や発音などの基本的なことはしっかりと自分でマスターした上でいろんな人種の英語に慣れていかないといけないなと思いました。





で話は変わりますが・・・


今日は検査の日だったのですが、陣痛が来ているので入院するか家に帰るかということでしばらく病院に待機していました。

陣痛をあらわす波形がすごいことになっていたので、素人考えではありますが、これはマズイなとは思ったのですが、やはり病院に足止めになってしまいました。



先生たちと話あった結果、結局は自宅に戻ってきたのですが・・・。


じつはこんな中、自分で車を運転して帰ってきたのですが、もうそろそろ限界かと思うようになりました。


今後、ブログの更新が途絶えたら、入院したと思っていただければと思います・・・あせあせ(飛び散る汗)


ではでは、皆様よい週末をお過ごしくださいませ〜exclamation
posted by みかん at 03:16| シカゴ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オンライン英会話の受け方のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。