2012年12月02日

アメリカ人って元気だ・・・

時々、陣痛があるものの寝ていたらよくなるので、とりあえず寝て様子をみている状態です。

まだ赤子たちの推定体重が2キロちょっとぐらいしかありません。
今、産まれてしまうと、保育器の中に入らないといけなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

ある情報によるとアメリカで4日間、保育器に入っていて、その料金が日本円にすると保険なしで90万ほど・・・
二人なので180万となってしまいます。

保険がどれだけカバーするか調べないといけないなと思っているところです。



こんな感じで私は動けないので家族には申し訳ないですが、私はとても暇にさせてもらっています。


ところで、昨日のことですが病院で検査の待合にいた時に、知らない人たちばかりだったのですが雑談が始まりました。

そこでわかったことなのですが8人ほどいた妊婦さんのうち私を含めて3人が双子を妊娠中でした。

1人の人なんて4回目の妊娠だと言っていたのでびっくり。

みんな

OMG
とか
Amazing

とか言って驚いていました。

どう見ても40代後半の妊婦さんもいたりして、

アメリカってまだまだ元気な国だな・・・

と思いました。


雑誌を見ているとアメリカのベスト100企業というのが載っていて、託児所つきの企業も多いので驚きました。

しかも、病気の時も対応してくれる託児所を持っている企業も多かったです。

企業に託児所がついていたり、ディケアがたくさんあったり、女性が出産後に働きやすいというのもアメリカで出産する女性が多い理由のひとつなんでしょうか。
(最近は、少子化の傾向があるとは言いますが、見ている限りは日本よりも子供の数は多いなと思います)


ちなみに、旦那の会社が上位に入っていたのでびっくり・・・。

さらには、私が通っている病院も全米ベスト100に入っていて、その理由に
女性の給料の高さ
というのもありました。

うちの娘もこの病院に就職してくれたらいいのに〜
なんて思ってしまいました。


そして、ちょっとおもしろいなと思った広告が・・・

妊娠検査薬なら知っていますが、妊娠初期に男の子か女の子か自分で検査できるキットがあるということを発見しました。

それがこちら



でも、アマゾンのレビューを見ると正直なところ苦情だらけといった印象でした。


赤ちゃんの性別はいずれわかることだし、こんなことで無駄なお金を払わなくてもいいのではないかと思っていまいました。


まあ買ってみたくなる気持ちもわからないではないですけどね・・・


posted by みかん at 00:54| シカゴ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。