2012年12月05日

ワールドオンラインイストークで体験

今日は朝から検診に行ってきましたが、まだ産むのは早いのでもうしばらくベッドの上で過ごすように言われてしまいました。

研修医の人が来ていて、先生がいろいろ説明しながら診察をしていたのですが
帝王切開の予定だ
と研修医に言っていて、私はまだ直接その話はしていないんだけど、やっぱりそういうことなのかと確信して帰りました。

ちなみに先生は地元の大学で講師もしているみたいで、学生がよく研修に来ています。

帝王切開の日もだれか来るのかなとぼんやりと思ってしまいました。


ところできのうは
ワールドオンラインイストーク
を受講してみました。

こちらは日本人の先生のオンラインスクールです。


私が選んだのはS先生なのですが、なぜこの先生を選んだのかと言うと40才からのやり直し英語だったという先生のプロフィールを拝見したからです。

どんな感じで勉強をされたのかということが聞きたかったのです。

まず、先生の英語ですが本当にきれいな発音でびっくりしました。

以前に受講した日本人の先生の英語はどっちかというとカタカナ英語に近くてちょっとがっかりしたのですが、S先生はそんなことはなかったです。

レッスンは英語でした。

先生のプロフィールに興味を持ったことや、英語学習で自分がなにに行き詰っているかなどを話すと先生は
おしげもなく自分の英語学習法
について話をしてくれました。

先生が主にやった勉強法は
多読
音読
ライティング
なんだそうで、たとえば音読をすることで自然と英語が体に身につき、多読をすることで語彙が増えたり文章の構成などが自然に身についていったして、最終的にはライティングにも役だったとのこと。

ライティングはどんなトピックを選んだのかと聞くとIELTSを受験したので、こちらのテスト対策のためのライティングを主にしてどなたかに添削をしてもらったということでした。

とてもためになる話ばかりで、本当はもっとここで公表したい気持ちもあるのですが、先生に了解も得てないのでこのへんでやめておきます。

使った教材についても聞きましたが、私が持っているもなどもあり
もっと私も活用しなければ
と思ってしまいました。

今すぐには受講できませんが、またぜひ受講してみたいと思いました。

あと、海外生活での英語の苦労を話すと先生もいろいろわかってくださってうれしかったです(先生も海外在住です)

特に、ネイティブの雑談にはなかなかついていけないと話すと先生も
ネイティブが3人や4人になるときついよね
なんて言ってくれて、わかってもらえる人がいてうれしかったです。


多読の話ですが、簡単なものでよいから数を多く読むのがポイントということだったのですが先生が
児童書の中でも英検1級レベルのものが出てくるのよ・・・
なんておっしゃってて、児童書も侮れないなと思ってしまいました。


そんな感じでとってもやる気にさせてくれる良い先生でした。

サポートも良いし私としてはなかなかのスクールだなといった印象でした。



posted by みかん at 04:17| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドオンラインイストーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。