2013年02月14日

Extreamed Fussy

今日のレッスンはCNN STUDENTの記事から
Attending a North Korean School
を選んでRisa先生と読んでいきました。

最近、North korean schoolの補助金についてのニュースをよく見るので選んだのですが、なかなか興味深い内容でした。

brain-washed(洗脳)
といった表現などが出てきてたりしました。


この学校では洗脳教育が行われてるとかいろいろと世間は言っていますが、生徒のみなさんは純粋に勉強がしたいだけということで、なんだかある意味、気の毒だなと思いました。


そういえば、今日はひとつ先生に通じない単語がありました〜。
それは
bullying(いじめ)
という単語ですが、発音がまだまだダメだということを思い知る一幕もありました(笑)


あと、双子のうちの一人が大きな爆発音とともに
Poo
をする一幕もあり、落ち着かないレッスンとなりましたが、楽しい25分でした。



ところで、うちの息子はどちらかというと大人しいほうではありません。

機嫌が悪い時は、本当に大変です。


ディケアでも機嫌が悪いと先生たちをずいぶん困らせているんだろうなと思ったら、先日のディケアの連絡ノートの午前中の様子のところに
Extreamed Fussy
と書かれていました。

Extreamって極度のとかはなはだしいとかという意味ですよね。さらにFussyはぐずぐずと機嫌が悪いということなので、かなりひどい状態だったと想像できます・・・。

さらに、かなり怒ってあばれた上に昼食を食べずに
fell asleep at the table
だったそうで、眠くてあばれてご飯も食べずに机に伏せて寝てしまったとのこと。

本当に先生たちには申し訳ないなと思います。

でも、うちの夫が一言・・・
先生には申し訳ないけど、先生たちを手こずらせてコストパフォーマンス的にはいいな
なんて開き直って言っていました。

たしかに、暴れると先生は一人にかかりっきりになってしまうので・・・。


今度、個人面談があるのですがなんて言われるかちょっとドキドキしています。




posted by みかん at 01:45| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | EP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

Call Me Maybe

今日のオンライン英会話のEglish PowerはRisa先生と雑談で終わってしまいました・・・。

あまり充実感はないものの、双子が泣き出したので仕方ないかなと思っています。


ところで最近、洋楽にはまっています。
英訳や日本語訳を見ながら楽しんでいます。


最近は双子が寝たと思ってCribに乗せても起きたりしてなかなか寝ないので、ぐっすりと寝るまで洋楽のPVを観ながらロッキングチェアーでゆらゆらと寝るのを待ったりしています。

日本にいた時には、あんまり興味のなかった洋楽ですが、車の中でFMを聴いているとだんだんとお気に入りの曲なども出てきました。

FMでは曲名とかを言わないので、気に入った洋楽があったらどこかのフレーズを覚えておいてインターネットで検索をして曲名や歌手を探すというパターンが多いです。


そんな中、先日ちょっとはまってしまったのが
Call Me Maybe
を面白おかしく替え歌にしたりしているPVです。

こちらは本物


Don't Call Me Maybeも


大統領もCall Me Maybeを歌っています。


ほかにもたくさんのCall Me Maybeがあってけっこう楽しめます。

英語の勉強にもなるし、洋楽はなかなか良いですね〜。
posted by みかん at 01:49| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

immune deficiency

なんとなく疲れ気味で今日もレッスンのほうは予約していませんでした。

明日からまたレッスンのほうは頑張ります・・・。


先日、息子がディケアからお手紙を持って帰りました。
なんでも、新しい生徒の中に
immune deficiency
の子供がいるので、その子供の安全のために風邪をひいたりしたら登園をしないで自宅で完全に治ってから登園することや、手洗いなどを以前よりも徹底して悪い菌などを園内に持ち込まないこと、親も風邪などをひいた場合は園内への立ち入りをしないようにすることなどなど・・・

たくさんの注意事項が書かれていました。

immune deficiency

とは免疫不全のことだと辞書には書いてありましたが、

acquired immune deficiency syndrome

となるとAIDSのことのようで、いろいろ勉強になりました。


しかし、冬場のディケアは風邪の子が多くて、うちの息子なんてずっと風邪をひいている状態です。


そのimmune deficiencyのお子さんに風邪をうつさないようにしないといけないと思いますが、なかなか現状では難しいように思えます。
ディケアとしてもどういった対応をされるのか興味があります。

もちろん我が家もできる限り協力していきたいなと思います。



そういえば2月14日はディケアでバレンタインのパーティーをするので親も参加してくださいという手紙ももらってきていました。

いいディケアで気に入っているのですが、親の参加するイベントが多いディケアなのでちょっと困惑しています・・・
posted by みかん at 23:53| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。