2013年02月01日

日本で銃犯罪が少ない理由

今日のオンライン英会話のEnglish PowerのレッスンはRisa先生と日本ではなぜ銃犯罪が少ないかなどといった銃に関する記事を勉強しました。

ちなみにこちらです。
http://news.yahoo.com/around-world-gun-rules-results-vary-wildly-075244259.html

日本ではどうして銃による犯罪が少ないかと言っても私はただ単にアメリカでの銃犯罪が多すぎるだけということのように思ってしまうのですが・・・。



個人的に憧れているジャーナリストのChristiane Amanpourさんによると、1年間でのアメリカの銃による死者はテロで亡くなる人よりも多いということのようです。

ちなみにこのChristiane Amanpourさんですが、女性の方ですが世界中の紛争地域に出向いて取材をされている方です。

Christiane Amanpourさんに関する日本語のサイトを貼り付けておきます。
http://www.jctv.co.jp/cnnj/amanpour/


今日、勉強した記事によると日本で銃を保持するためには、手続きがとても大変だといったことが書かれてありますが、じつはアメリカで銃を持つのが簡単すぎるのではないかと思ってしまいました。

日本での銃の購入の手続きがそんなに大変だとは思わないのですが・・・。


ちなみにアメリカにはGun Shopはけっこうたくさんあるし、なんとなく気軽に立ち寄れるような店構えです。


この記事の中に登場する日本人の方もおっしゃっていたかと思いますが(すみません、あんまりよく覚えていないのですが)、アメリカで日本のような銃の法律は合わないだろうし、歴史的な背景などなど、日本人の私には理解できないようなことが銃を所持する背景にはあるんだろうなと思います。


そういったわけでかなりの長文でしたが、先生といろんな会話をしながら、また単語の勉強をしながらの楽しいレッスンでした。




ところで、双子はすくすくと大きくなっていっており、昼間に起きている時間も増えてきました。

そういうわけで昼間の私の自由時間も少なくなってきています。

旦那も最近忙しそうで、朝5時や夜の9時からよその国の人たちと仕事で家からミーティングをしていたり、4月には1週間も出張に出かけると・・・。

旦那が戦力にならない時に備えてベビーシッターを頼んだり、一時預かりの託児所も利用していかないといけないんだろうかと思うようになりました。

来週は息子と双子の小児科の検診と予防接種、私の産後6週間の検診と歯医者などなど、病院通いも目白押しです。


そういえば、双子の出産の請求もきました。

なんと驚愕の支払い額でした・・・。

息子一人を産んだ時よりもはるかに安かったです。


本当にブログで言っていいのかと思うような値段でした。

言っていいのかどうかわからないので、また検討してから公表します・・・。
posted by みかん at 01:09| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。