2013年02月15日

会話を重視した外国語の授業

2月14日のオンライン英会話のレッスンはお休みしました。

というのも、チョコレートケーキとバレンタインディナーを作るためでした。

朝からせっせと双子の面倒を見ながらチョコレートケーキを焼き、バレンタインディナーを作りました。


ディナーにはRed Snapperという白身魚を使ったムニエルを作ったのですが、この魚ですがタイみたいな感じでとっても美味しかったです。
お勧めです!

ところで、娘は高校でスパニッシュのクラスを取っています。

いろいろ聞いていると、私が高校生だったときの受験勉強重視の授業とちがって会話や実践を重視した授業のようです。

たとえば、教室の中ではすべてスペイン語でしか会話できないといったルールもあるみたいで、私語なども英語を使うことは禁止のようです。


先日の授業では、グループでスペイン語を使った寸劇をするといったプロジェクトがあったようなのですが、男の子のグループはいきなりクラスのみんなを屋内プールに連れていき、自分たちは水着姿になって、プールに飛び込み

スペイン語でおぼれた人の救助方法

というのを披露して盛り上がったそうです。


このへんの発想がアメリカ人だなあ・・・


ちなみに娘たちはスペイン語で
スキャンダル発覚で芸能リポーターにインタビューされるレディガガ
だったそうで、レディガガ役は娘がしたそうです。


いったいどんなのだったのか・・・

一応、ガガのような仮装までしたそうです。



私が高校生のときもこんな英語の授業だったらもっと面白かったんだろうなと思います。

ちなみに、娘は英語、スペイン語、フランス語、日本語(小学校6年まで)と勉強してきましたが、どれも中途半端というところで悩んでいるようです・・・。



そういえば、話は変わりますが、今人気のグループの
One Direction
ですが、日本では

ワン ダイレクション

とイギリス英語読みですが、やはりアメリカでは

ワン ディレクション

とアメリカ英語で呼んでいるみたいです。

しょうもない話だけど、どうなんだろうと興味があったので娘に聞いてみると、そういうことでした。


ちなみに私はWhat Makes You Beautifulという曲が好きでするんるん


posted by みかん at 22:18| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。