2013年02月21日

Suck out!

じつは疲れが蓄積してしまいダウンしていました・・・。

双子を託児所かディケアに預けようかと思ったのですが、アメリカは必ず預ける前に予防接種の証明を主治医からもらわないといけないのですが、それが間に合わなかったので預けることができず、ひたすら

日本の温泉で浴衣で上げ膳据え膳でくつろぐ自分

を空想したり、横になって体力を温存したりしていました。


そして、私がだいぶ復活してきたところで、今度は息子が39度の熱を出し、双子もなんだか風邪気味になってしまい火曜日は息子と双子を病院に連れていきました。

もちろん、一人では無理なので夫が自宅での仕事に切り替えて、ミーティングなどもすべてスケジュールを変更してついてきてくれました。

というか、本当は夫に私がついていったという感じ・・・



アメリカの病院は熱が40度あってもなかなか診てくれないのですが、今回は息子がこの前の診察で中耳炎だったということと、生後8週の双子が風邪ということで診てもらえることになりました。

診察の結果は全員、同じ種類の風邪でしばらく安静にということになりました。
双子については熱が出たらすぐに受診するようにとのこと・・・。



ちなみに薬は出ませんでした(熱が39度あってもです。)
その代わり、熱を下げる薬のサンプルが無料でもらえましたが・・・。

アメリカの病院は薬は出さない代わりに家庭でのケアの方法は細かく教えてくれるなと思います。


鼻水に関しては、ひたすら
Suck out
ということだったのですが、鼻水を吸いだすという表現ってこう言うんだなと初めて知りました。

ちなみに我が家ではすでにSuck Outはしていて、ちなみにこちらの機械を使っています。


アメリカの薬局やWalmartなどの子供用品売り場で買えるのですが、冬場は売り切れていることもあるので要注意です。

ちなみに、かなり鼻水が吸えますがコツが必要なのと、子供は嫌がって泣きます・・・。


日本にも鼻水を吸う機械はあるようですが、自動のものとなるとかなり高いのでびっくりしました。
ちなみにこちら


値段は高いですが、私個人の意見としては自動の鼻水吸い機のほうがよく吸えていいなと思います。

なんだか鼻水のウンチクになってしまいましたが、子供の風邪は本当に大変です。

皆様もまだまだ風邪が流行っているので気をつけてお過ごしください〜。


ちなみに、小児科では自分の英語力がまたしても衰えていることを実感しました。

先生が夫にばかり説明しているのが、とても悲しかったです。

とりあえず、子供たちの風邪をきっちりと治して、またオンライン英会話にも復活したいと思います。




posted by みかん at 00:04| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。