2013年05月21日

飛び級

アメリカには飛び級制度があります。


1学年、2学年上の学年に入って勉強することができるのですが、逆に学年を落とすことも可能です。


海外から来る子供で英語があまり得意でないという子供は学年を落とすこともよくあります。

逆に英語が出来ないということで学校側から落とすように言われるケースもあるみたいですね。




娘が高校を卒業なのですが、そこで多くの学生が娘より年下、つまり飛び級制度を利用して上の学年で勉強している学生が多いことを知りました。


中には2つ年下の学生もいるのですが、そういった学生とかもスタンフォード大学とかにも合格していたりしてびっくりです。




でも、そういう子が『がり勉』かというとそうではなく、バイトや部活もがんばっていたりします。


ちなみに、アメリカはバイトや部活をしている子供は大学受験に有利です。



話は飛び級からそれてしまいましたが、飛び級をしている学生の多さに今回は驚きました。


地域によっても差はあるのかもしれませんが・・・。


いろいろ見ていると日本でも飛び級をしている方がいらっしゃるみたいですが、私のまわりではいなかったです。



いろいろ考えているとアメリカって日本以上に競争社会かもなんて思ってしまいました。


飛び級もそうですが、娘の高校では卒業式も成績順の並びで、卒業式のスピーチもコンペティションがあり、そこで優秀な生徒がするようです。


まだまだ競争社会を思わせることはありますが、また別の機会に紹介します!





posted by みかん at 22:17| シカゴ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。