2013年06月17日

アメリカ忠誠の誓い

アメリカで学校の公式行事などに行くと

Pledge of Allegiance

アメリカの忠誠の誓いを言う機会があります。

忠誠の誓いでは全員が起立して国旗のほうに向いて
左胸の上に置かれた右手で左肩の上に掲げなければならない(ウィキぺディアより抜粋
ということで、日本人の私もみなさんと一緒に起立してぼそぼそとつぶやいています。


その内容とは
I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all.
(私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する、万民のための自由と正義を備えた、神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います)

というもの。


あと、遊園地とかでも開園直前に行くと国歌斉唱があったりします。


最初はびっくりしましたが私もアメリカ人たちに混ざって同じように国旗をみつめています。


日本人の自分が他の国の国旗に向かってというのは、在米6年を経過しても少し不思議な気持ちのする瞬間です・・・。
posted by みかん at 23:12| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

英語が口から出てこない時に役立っていた表現

英語がなかなか口から出てこないと悩んでいた時にはとにかく相手がしゃべっていても口を挟む余裕さえありませんでした。

最近は、慣れというかそういったことで悩むこともあまりなくなりましたが、少なくとも去年の今頃はアメリカ人に話しかけられても口ごもったりして本当に情けない思いを何度もしました。


これは持論ですが、雑談にしてもとにかく聞き役に徹するというのもありだと思うのです。

その際に便利だったのが

Really?

とか

Great!

とか一言英語でした。


うなずくだけとか笑って聞いているだけだとちょっと相手に申し訳ない感じがしますが適当に一言だけでも言葉を返すと違ってくると思います。

その人の言っていることがおもしろかったら
that's funny!
だけでも充分かと・・・。


ただし、
Very funny
だと馬鹿にした表現になるようなので気をつけたほうがいいとのこと。


もしかしたらVery Funnyって使ったことがあるかもしれません(汗)

最近、そういった失礼な言葉とかを使っていないかとても気になる時があります。




ところで金曜日は息子のディケアで父の日の朝食会がありました。


当の本人は海外へ長期出張中のため代わりに私が出席してきました。



ディケアの入り口で先生から

A(うちの息子の名前)って本当におもしろいのよ〜

なんて話しかけられました。


なにかと思って聞いていると、ABCの歌を息子が歌っていたらしく、先生たちも一緒に歌おうとするのですが、いきなり

ABCDEFG〜♪

から

Now I know my ABC's♪

と最後に歌詞が飛んだりするそうで、なかなか一緒に歌えないということでした。



朝食会でも他の先生がみんなの前で息子のABCの歌のことを紹介していたのですが、そのときに

ABCの歌を1時間ぶっ続けで歌えるすごい子だ

と言っていて、それは初耳だったので思わず

大丈夫か息子・・・

と思ってしまいました・・・(汗)


先生の話だとよく息子はディケアで歌を歌っているそうで、家ではあまり見かけない光景なので少しびっくりしました。








posted by みかん at 13:13| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

breast cancer diagnosis

週末から風邪をひいていました〜。


今日はだいぶ復活しましたが、まだ完治するには時間がかかりそうです。


ところで先週、Pap smear(子宮がん検診)を受けに行ったのですが、その時に乳がん検診を受けるように言われてオーダーの用紙をもらっていました。


今週になってファミリードクターのところに産後に悪化した高血圧のフォローアップに行ったところ、ここでも乳がん検診を受けるように言われました。



最近は乳がん検診を受けるようによく言われるなと思っていたのですが、予約せずに放置していました・・・。



たまたま朝のニュースを観ていると、おなじみのニュースキャスターの女性が乳がんで治療中だということを告白していました。


私はこの方の大ファンで朝早く起きてつらい時、テレビをつけると、いつでもこの方が明るくニュースを読んでいて英語がよくわからない時からずっと観ていたのです。


私より若い方で、家族にも乳がんの人はいないそうです。



私も家族に乳がんの人がいないので大丈夫だろうと思っていたのですが、やはり乳がん検診は定期的に受けるべきだなと思いました。



そういえばGood Morning Americaのキャスターのロビンさんも乳がんでしたね。

いったん治療を終えて今度は去年に骨髄異型性症候群(myelodysplastic syndromesと書いてあったので調べてみました)で再度、治療してまたキャスターとして復活されています。

治療で髪の毛は抜け落ちていましたがカツラを被らずにテレビに出演されています。
robin-roberts-600.jpg

お元気そうには見えますが、なんだかどんどん痩せていっているような気がして私としては心配しています。
ただの視聴者ですが・・・。


そういえば、2軒隣の奥さんも私と同じ年で乳がんで治療をされているとか・・・。
他にも数人、乳がんの女性を知っています。


予約の電話が面倒だとか言わないで、やはり私も検査に行こうと思います。






posted by みかん at 21:54| シカゴ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。