2013年07月11日

アメリカで運転免許を取る

アメリカの運転免許は比較的簡単に取れるというかお金をかけずに取れると思います。

日本だと教習所でのカリキュラムを終えて、運転免許試験場に行きますが、アメリカ(私の住んでいる州)では、まずは筆記テストに合格してから実際の運転の試験です。


16歳になる半年前から筆記テストを受けることが出来るのですが16歳ぐらいの子は教習所に行かないといけないと法律で決まっています。


でも、それ以外の人は筆記試験に合格すると、免許を持っている人が助手席に座ってるというのが条件ですが、いきなり路上で運転することが出来ます。


教習所に行かなくても自宅で運転の練習をすることも可能なのです。


しかし、娘には教習所に行ってもらいました。

でも教習所では実際に車での教習というのは8時間しかありませんでした。

40時間ほどを教室での授業に費やして、実際に事故で半身不随になった方などを招いて講習などをしていました。



教習所が言うには自宅で50時間ぐらい練習しないと試験には合格しないとのこと・・・。


いやいや娘が免許を取る時には毎日、血圧を上げながら助手席に乗って娘の運転の練習に付き合っていました。


フリーウェイの練習の時には寿命が縮まる思いでした・・・たらーっ(汗)



練習は必ず夜にするのですが、疲れている上に極度の緊張で夜はぐったりと寝てしまっていました。




昼間に練習をすればいいのですが、私の車が新車でさらに大きい上に操作が初心者には難しいので練習には使用せず、旦那が夕方に自宅に帰ってくるのを待ってから旦那の車を使って練習をしていました。



旦那も大事に車を使っていましたが、きっとブレーキとか傷んでいることでしょう・・・。


運転免許は日本のように教習所でみっちりと練習するほうがいいと思います。



・・・そういえば知っている人は息子さんの車の練習の時に死んだ鹿の上に車が乗り上げて寒気がしたと言ってました。

みんな、大変な思いをしながら子供の免許取得の手伝いをしているようですね・・・。


posted by みかん at 01:40| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。