2013年07月17日

アメリカの誕生会

アメリカの子供の誕生会はとにかくすごいなと思います。

裏庭に遊園地が出来たり、メジャーリーグのスタジアムやスポーツクラブ、ケーキ屋さんなどなど、いたるところに子供用のパーティーをするスペースがあり、そこを借りて盛大にパーティーをしたりしています。



じつは息子が今週の火曜日で2歳になりました。


家族でパーティーをしただけで、だれかを呼んだり会場を借りたりはしなかったのですが、ディケアでお誕生会をしてくれるということで週末から準備に奔走していました。


アメリカの幼稚園などでは自分の誕生日にはカップケーキやクッキーを学校に持っていったりするそうで、息子もカップケーキを準備することにしました。

自分で作ってもいいのですが、アイシングがたくさん乗った派手で甘いアメリカのカップケーキは私には作れないので注文をしに行きました。

地元の有名店はお休みだったのでアメリカの全国チェーンの
Gigi's Cupcakes
に行きました。


カップケーキはこんな感じでした。
th.jpg

レビューには甘すぎるとか言うことを書いている人もいましたが、味はチョコレートとチーズケーキ味に関しては特に悪いとは思いませんでした(と言っても最近は私もアメリカのお菓子の甘さにかなり慣れてしまっているので・・・)


あと参加してくれた子供たちにお土産を配る習慣があるそうす。
これを
goody bag
favor bag
と呼ぶみたいで、こちらも準備しました。

中に入れるものはお菓子やおもちゃなのですが、こういったものは
Party City
というパーティーグッズを売るお店に売っています。

あと種類は少なめですがTargetなどにも売っています。



ちなみにバッグの中には、お菓子はGold fish(おっとっとみたいなお菓子です) クッキー、おもちゃはbouncy ball(ただの跳ねるボールですが口に入らない大きさのもの)しゃぼん玉セット、セサミストリートのシールを入れました。


はじめてのことだらけで、戸惑いましたが先生に聞いたりしながらなんとか誕生会の準備を終えることが出来ました。


誕生会の写真を先生からもらったのですが、カップケーキを前に息子が見たことないような笑顔をしていて、頑張って準備した甲斐があったなと思ったのでした。



ちなみに、私と旦那からの誕生日プレゼントはボタンを押すと自動で走るバイクなのですが、まだまだ手伝いが必要で買ったことを後悔しています・・・(汗)
posted by みかん at 13:10| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。