2013年09月15日

英語なまりの日本語

2歳と2ヶ月の息子が最近、英語だけでなく日本語もけっこう話すようになって会話が楽しくなりました。

最初は英語と日本語が混乱するのではと心配していましたが、小児科の先生も言っていたのですが、言語をたくさん習得することでの混乱することはないようです。

でも、やはりどこか英語訛りの日本語のように聞こえるのは気のせい?

特に日本語の『お』がなんだか変で・・・

お母さん→あかあさん

という感じ。

英語のAの発音に近いです。



あとは、こちらは完全に関西弁ですが

あかんよ(悪いことをした時に私が使う言葉です)→あきゃんよ

といった感じで、なんだか英語っぽい発音になってしまいます。


とりあえず、単語を言う時には日本語と英語と同時に教えるようにしているのですが、いろいろ覚えてくれるとうれしいものです。






ところで、双子も生後8ヶ月となり、本当ににぎやかになってきました。


2週間ほど前の朝、双子の部屋から

キャハハハ黒ハート

と楽しそうな二人の笑い声が聞こえるので行ってみると、なんと二人がクリブの柵につかまって立っていました。


それ以来、双子の姉のほうは伝い歩きを始めています。


正直なところ、まったく目が離せないのでかなり疲れていましたが、ディケアなどを利用しながらボチボチやっています。


ディケアでは疲れた母親と遊ぶより、若くて元気な先生と遊ぶほうが楽しいのか双子はかなりエンジョイしているそうです。


ずっと泣いているようだと心配ですが、ひとまず安心しました。






posted by みかん at 00:00| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。