2013年11月05日

お勧めの児童書(個人的に・・・)

最近、図書館で偶然に手に取った本が、けっこう良い本で息子がとても気に入っているので紹介します。

まず、The Last Day of Kindergarten



この本ですが、絵がとてもかわいなと思って手に取ってみるとイラストを描いた方は日本人の方でした。

幼稚園を卒業する女の子の話で、ちょっと寂しい気持ちと小学生になるうれしい気持ちがなんともほほえましい本でした。


最後のページで、小学生になった女の子がスクールバスに乗る様子が描かれているのですが、ここで私はいつも息子に

小学生になったらスクールバスで学校に行こうね

と言うと、息子がうれしそうに

スクールバスexclamation


と言うのが、親ばかですがとてもうれしくて、つい何度も読んでしまいます・・・あせあせ(飛び散る汗)



次はこちら、Alexander, It's Time for Bed




こちらはアレックス君というスポーツ好きの男の子の話です。

夜寝る時間が来ても、遊びやスポーツの練習がしたくて眠りません・・・。


この本では寝る前には

歯磨き

お風呂に入る

お祈りをする(こちらは宗教的なことになってしまいますが)

などの寝る前にやることが学べるようになっています。


この二冊ですが、あまりにも息子が気に入っているので、ついに買ってしまいました。


特に最初の本のThe Last Day of Kindergartenですが来年、小学校に入るお子さんにはお勧めです。






posted by みかん at 00:23| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。