2013年11月08日

子供は正直・・・発音の話

2歳3ヶ月の息子は最近は本当によくしゃべるようになりました。

英語も日本語もよくしゃべりますが、一日のほとんどをディケアで過ごしているので、やはり英語のほうが達者かもしれません。

日本語はへんに訛っていて笑える時があります。

たとえば

おかあさん→おっかっさん

あかん(関西弁でダメという意味)→あきゃん

なにこれ?→にゃに、かれっ?(れは英語のRの発音に近い)

などなど・・・

口の動きは英語の発音をしているんでしょうかね・・・。





しかし、私の英語の発音を息子が真似をしたときに、よくはっとすることがあります


たとえば

パンのBreadについては、私はブレッドと小さく最後に『お』と伸ばしているようです・・・

さらにShareなども息子が私の真似をしているのを聞くと、しぇあ〜とわりと日本語英語に訛っているようです・・・。


自分では正しく発音しているつもりですが、まだまだ訛りは強いようです・・・。


どんなに優秀な発音の先生よりも私の発音の真似が正確かもしれないと少々おびえながら息子と英語で会話をしています。





そういえば、昨日は美容院に予約を入れようと電話をしたのですが久しぶりに英語で撃沈な目に合ってしまいました。


予約なので相手の言うことは何パターンかしかないはずなのですが、本当に何を言っているのか理解不能でした。

何度か聞き返したのですが、限界を感じて『また電話します・・・』と電話をいったん切りました。



次は直接行って予約を取りたいと思います・・・たらーっ(汗)
posted by みかん at 03:12| シカゴ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。