2013年11月17日

いまさらですがハロウィンの決まりについて

先日、日本人の方で

ハロウィンは飾りとかせず、お菓子も買わなかったけど子供たちが来た

とおっしゃってた方がいたので、もしご存知ない方がいたら来年に向けてハロウィンの暗黙の決まりを紹介しておきます。


この方、居留守を使ったそうです・・・(汗)



地域によって多少違うかもしれないので、その辺はご容赦ください。


まず、ハロウィンは地域によって何時から何時までが

trick or treat time

ということで決まりがあるのです。


何時に行ってもいいというものではありません。


時間などについては地元のニュースやニュースのウェブサイト、シティオフィスのホームページに載っているので確認をしてみてください。


だいたい夕方6時から8時までというところが多いです(中西部では・・・)



もし、うちはハロウィンはしませんという場合は、玄関や外灯などの電気は消しておきましょう。


電気がついていると、たとえハロウィンの飾りをしていなくても子供たちは、この家はお菓子をくれると思ってやってきます。



わざわざ出てあげるのは面倒という人は玄関先にお菓子をかごかなにかに入れておいてもいいと思います。



まあ、学校からハロウィンの注意事項を受けているので、いたずらとかはされないでしょうけど、居留守を使ったりすると卵を投げられることもあるので注意してくださいね。



ハロウィンはアメリカの子供たちにとって、本当に楽しみなイベントです。


文化の違いはありますが、ぜひアメリカの子供たちと一緒になってハロウィンを楽しんであげてほしいなと思います。




posted by みかん at 00:00| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。