2014年03月07日

小児科にて

昨日、ディケアに双子を迎えに行くと、先生たちが双子の姉のほうが今日は

fussy

だったと言っていました。

ちなみに、子供の機嫌が悪いとfussyという表現をよく使います。



その双子の姉のほうですが一日中泣いていて寝ないし、耳に手をあてていたから中耳炎ではないかとのこと・・・

たしかに、かなり様子がおかしいので心配になってしまいました。


そして、今日の朝もとても機嫌が悪くて抱っこしていないとずっと泣いているので、病院に電話をして予約を入れました。


運よく朝早くの時間が空いていたので双子の妹のほうをディケアに預けて、もう一人のほうと診察を受けてきました。


急だったのでネットなどで英語の表現を調べる暇もなく症状を説明するときに

私は日本人だから表現がよくわからないけどこんな感じです

と前置きをしてセキの状態を言うと先生が

それはたぶんBarky coughのことだと思うわ

とおっしゃっていて、さらに声が枯れていてハスキーというと理解してもらえなかったのですが、ハスキーボイスというのは和製英語なんでしょうかねえ・・・
ちなみにフィリピン人の英語の先生はよくハスキーボイスと言っていたのですが・・・

先生はそんなつたない説明でもやさしく

Hourse Voiceのことを言ってるのだと思うよ

といろいろと私の意味不明な説明を理解してくれて、英語でこういうのよと教えてくれました。





結局、診察の結果

ear infection

とのことでした。


ear infectionですが、日本の辞書には中耳炎とは書いていないのですが、中耳炎のことを一般的にこう呼んでいるようです。


薬が出たので薬局に行って薬をもらってから帰りました。


薬は抗生物質だったのですが、痛がっている時や熱があるときにはibuprofenも同時に飲ませていいとのことでした。


ちなみに先生によるとibuprofenのほうがTylenolよりも効果的なのだそうです。

どちらの薬も熱や風邪の時はアメリカではよく使われています。


とりあえず自宅に帰って薬を飲ませたらうそのように元気になりました。


薬も美味しいらしく

More More

とおかわりを催促されるほどでした・・・たしかにイチゴの良い香りがしましたが(汗)



こんな感じで、いろいろと大変でしたが、今日は良い英語の勉強になりました。






posted by みかん at 04:09| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。