2013年11月26日

間違い電話

今日は朝、息子のディケアから電話がかかってきました。

最初、違う人の名前を言っていたので

間違い電話ですよ

と言ったのですが、わりと親しくしているJ先生からだったので

先生、こんにちは〜

なんて私も言うと、先生が一方的に話しはじめました。


どうやら息子が



があるようで、なにか薬を持っているかとか、そういった話でした。


薬は大人用のものだったら私が妊娠中に使ったものがあるので、小児科医に聞いてみます


ということで電話を切り、すぐに小児科に電話をして

大人の痔の薬を子供に使って良いですか?

と聞きました。


すると

念のため診察をするので明日、予約を取って来るように

と言われてしまったので朝9時に予約を入れました。



夕方、息子をディケアに迎えに行った時に他の先生に

明日は息子を病院に連れて行くので登園時間に遅れます

痔の件で・・・

と言うと

あ〜あれは間違い電話だったのよ〜

なんて言われてしまいました。


痔になったのは他の子だったようです。

訂正の電話の一本ぐらい欲しかったかも。


病院に予約の電話をした私はどうなるのか・・・


ちなみに病院は24時間以内のキャンセルはキャンセル料がかかるようです(汗)


posted by みかん at 19:33| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高齢出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜。それは迷惑過ぎますよお、先生なんだからきちんとして欲しいです。
けど、息子くん、痔でなく良かったです。妊婦さんは痔になりやすいみたいですが、赤ちゃんか痔…てあまり聞かないですもんね。
Posted by kyou at 2013年12月02日 00:38
Kyouさん

そうなんです。病院に予約までしたのに先生はケロッとしていました。こういうところがアメリカらしいというか。でも痔でなくて良かったです。
お恥ずかしい話ですが妊娠中は痔になってしまいました。今は大丈夫ですが、先生はgo dowmと言っていたので引っ込んだだけなんでしょうかね。
西宮の勝呂先生のところに行きたかったです。痔で有名な先生です。
Posted by みかん at 2013年12月03日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。