2010年05月13日

英語で損をしている日本企業

私はよくわからないのですが、よく旦那の会社に日本企業の人が売り込みにくるらしいです・・・。

もちろん英語での話しになるそうなのですが、そこで日本企業の人も英語でつまずくことがあるそうです。

旦那は日本人だから日本企業の人がなんて言っているかわかります。

「今の英語わかった?」

とか

「今なんて言った?」

とか言っているとか言っていることもあるらしくて・・・。

すかさず、アメリカ人も旦那に

「彼らは日本語でなにを言っているんだ?」

と聞いてくるみたいです。

あと、日本企業の人がよく

「会社に持ち帰って検討して返事をします」

とか言うらしいのですが、アメリカ人としては

「じゃあなんのために来たの?」

みたいなことになるみたいで結局、他の話が早い会社に決めようということになるみたいです。

あと電子辞書を会議中に開いているのも日本人特有だそうで、私から見ると外国に行って商談する日本人の人ってすごいと思うのですが、けっこう苦戦されていることもあるみたいです。

結局は英語できちんと話が出来ないという理由でせっかくの商談も没になることもあるみたいで、どんないい企業でもほんとにこれでは残念だなと思いましたたらーっ(汗)

posted by みかん at 03:51| シカゴ 🌁| Comment(1) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

帰国子女の英語を非難する人

あるサイトで帰国子女の英語の発音が腹立たしいと言っている人がいました。

これって、おかしいと思ったのですが、その意見に賛同する人がまた多くて驚きました。

はっきり言って日本語英語って通じないと思います。

帰国子女の人は普通に英語をしゃべっていただけなのに、それを非難する人たち。

これが日本の現実なのでしょうかねバッド(下向き矢印)

うちの子ももし日本に帰ると帰国子女。

せっかっく身につけた英語を日本でそういわれたり、わざと日本語英語に変えないといけないのだったら日本に帰って英語を使った仕事なんてちょっとさせたくないなと思います。

日本ではわざと日本語英語を話さないといけないものなんでしょうかexclamation&question

posted by みかん at 20:49| シカゴ ☔| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

英語教育

最近になってようやく日本も英語教育に力を入れてきたようですね。

私たちの時代の英語学習では、大学レベルでやっとネイティブの子供の英語のレベルなんだとか。

英語がしゃべれなくても生活できるとかではなくて、これはもう学問として必須じゃないかと思います。

どの国でも最近は母国語と英語をしゃべれる子供がずいぶん多いと思います。

韓国とかメキシコもものすごい教育をしているみたいです。
これは娘から聞いた話ですが。

たしかに、英語がしゃべれて当たり前みたいな感じはあります。

最近は自分でもあまり英語が進歩してない感じがします。

けど、まためげずに来週から頑張りますたらーっ(汗)





posted by みかん at 00:25| Comment(0) | 最近思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。